ホーム > 採用情報 > 先輩社員インタビュー

h1_04.jpg

先輩社員インタビュー


新卒入社1年目 Aさん(23歳男性)

img05.jpg
現在の仕事内容は

債権管理回収の担当者としてお客様と電話で交渉をしています。お客様の生活状況を詳しく聴取し、適切な返済計画を案内していくことが主な業務です。

入社を決意した決め手

元々金融業界を目指していた訳ではないのですが、債務に困っている人に対して解決方法を提案するという仕事に興味を持ち、採用面接を受けました。
債権回収と聞くと押しが強く饒舌な人が向いているイメージもあり、自分に務まるのか不安でもあったのですが、逆に相手に配慮しつつ話をよく聴くことが重要だと面接の中で教わり、入社を決めました。
また、新人に対する研修制度がとてもしっかりしていることも要因の一つです。
どんなところに仕事のやりがいを感じますか?
時間をかけて話を聞いたお客様に「ちゃんと電話で相談して良かった」と言って貰えたときです。すぐに支払が出来ない方も多いのですが、私との話の中でまずは返済に向き合っていただけるようになったときが嬉しいです。
入社後、一番印象的だったできごとは何ですか?
実際に業務に入り、支払が滞っている人には本当に様々な理由があると知ったことです。経済状況の問題以外にも、住所が変わって通知が届いていなかった、病気や怪我により長期入院中であった等の事情もある為、先入観を持たずにまずはお客様を知ることが最も重要だと学びました。
仕事において、普段心がけていることはありますか。
とても基本的なことですが、お客様としっかり会話をすることです。形式的に1つ1つの確認事項を聴取するのではなく、お客様がどういう状況の中で電話を掛けて来られたのか、なぜ今まで支払いに手が回らなかったのかをまず汲み取ろうとしています
休日・長期休暇の過ごし方を教えてください。
大学時代軽音楽サークルに所属していた関係でバンドをやっている友人が多く、そのライブを見に行くことが多いです。また、今年の夏からは運動不足解消として近所のスポーツジムに通い始めました。今まで大して運動をしてこなかった私ですが、休日の習慣として意外と続いています。


AさんのBS担当者 Bさん
キャリア入社4年目 32歳女性

img06.jpg
現在の仕事内容・BSの役割は何ですか?

東京サービシングセンターという部署で債権管理回収の業務を行っています。
回収には電話、手紙、訪問など様々な方法がありますが、業務のほとんどは電話による回収です。多くのお客様がいらっしゃり置かれている状況も様々です。お客様一人ひとりと時間をかけてお話をして、詳しい状況を伺いながら債務の解決に向けての提案や相談を行っています。また、現在は部署のなかにある1つのチームを任されており、チームリーダーとしての業務を行っています。
個人としてだけではなくチームとしての予算をもち、チーム員への教育・指導やチーム全体の数字管理をしながらチームでの数字の達成に向けて仕事をしています。
BSの役割とは、一言で言えば「何かあったときの相談相手」です。お互いに依存しないようつかず離れずの距離を保ちながらも、何かあった時に一番に頼りにしてもらえる立場でいられるよう心がけています。

入社を決意した決め手

面接を受けるまでは債権回収会社は怖いというイメージでしたが、業務内容を伺ったところ全くイメージが変わったことと、面接を担当して下さった方がとても優しい感じの方だったことが決め手になりました。
どんなところに仕事のやりがいを感じますか?
当社は小口無担保の債権に強みをもっており、取り扱っている債権の種類もたくさんあります。債権の種類によって交渉の方法も変わりますし、お客様とお話をするうえでも知識は必要不可欠です。当社に入社しなければ知ることができなかった知識を得られたり、その知識を仕事に生かすことができることがとても面白いと感じています。
また、業務の幅も広いことから直接は仕事に関係しなくとも付随する知識に対する興味も出てくるので、今年は資格の取得にも積極的に取り組もうと思っています。
入社後、一番印象的だったできごとは何ですか?
何年も連絡が取れなかったお客様から突然電話が来て、まとまった金額を入金するので残る債務を免除して欲しいという申出をいただいたときです。
そのお客様は、数年前に当時の担当者と話をした際にその金額を用意すれば残る金額を免除できるよう会社に協議をあげるという言葉をずっと覚えていたようで、体調が優れず入退院を繰り返している状況の中、お金を用意してくださったというお話を伺いました。当時の担当者の言葉を何年も覚えていてくださり一生懸命お金を用意してくださったことがとても印象的でした。
後輩の指導において、普段心がけていることはありますか。
後輩との距離感です。
大学を卒業し社会のことが何もわからない状態の後輩の指導をしますので、必要以上に世話をやいてしまいがちですが、それではなかなか後輩が独り立ちすることはできません。困っている時にすぐにアドバイスをするのではなく、できるところまでは自分で考えて行動させるようにしています。ただ、必要な時にはすぐに手助けができるよう後輩の行動には常に気を配っています。
休日・長期休暇の過ごし方を教えてください。
休日は趣味のランニングをすることが多いです。会社の仲間と月に1回は皇居ランをしています。今年の3月には初フルマラソンに挑戦する予定です。
長期休暇には海外旅行に行くことが多いです。海外へ行くたびに英語の必要性を実感するのですが、なかなか上達しないのが悩みです・・・。


新卒入社3年目 Eさん(25歳男性)

img09.jpg
現在の仕事内容は
営業担当者として、商材の仕入れを行っています。当社でいう商材とは延滞債権や正常債権のことです。特に延滞債権は健全な企業経営を行っていく上で足枷に なってしまうものです。そうした延滞債権の処理にお困りの企業様へ、創業以来、約30年の管理ノウハウを活かした魅力的なサービスを提供し、延滞債権処理 のお手伝いをしています。

入社を決意した決め手

学生時代のOBが入社しているという話を聞き、興味を持ったのがきっかけです。当社に入るまでは債権回収会社という存在はほとんど知りませんでした。当社 はサービサー業界の中でも歴史があり、取引企業も多岐にわたり金融機関始め病院や地方公共団体等と約900社あります。それだけに様々な業種の知識を求め られることになりますが、それらを一度に学べる会社も数少ないと思いました。自分自身のステップアップのためという思いから入社を決意しました。
どんなところに仕事のやりがいを感じますか?
物を売る、保険などの商品を売るというような一般的な営業とは違い、当社の場合は企業様が何を望んでいるのかを見極め、そのニーズを満たすことの出来る サービスを企業様の立場になって考え、提供するというのが営業としての仕事です。つまり企業様のニーズに合わせて“商品設計を自由に出来る”ということに 繋がり、そこに一番の魅力、やりがいを感じています。
入社後、一番印象的だったできごとは何ですか?
入社当初、右も左も分からない私を上司、先輩社員がいつも気にかけ接してくれたことを覚えています。どんなに忙しくても私を優先に考えてくれて優しく指導 して頂きました。当社の従業員は企業理念のもと皆が同じ志をもって一丸となっています。そういった環境であることは、当社の魅力の一部だと思います。
仕事において、普段心がけていることはありますか。
当社は企業様からの信頼が生命線であり、利益の源泉はその信頼の積み重ねであるということを認識しなければなりません。企業様との良好な取引関係を構築す るとともに最大の成果を得られることを目指し、市場概況等の情報を集め、企業様にとって良い情報源になれるよう意識しています。
休日・長期休暇の過ごし方を教えてください。
夏、冬の長期休暇を利用し、故郷である札幌へ帰省しています。特に夏については、7,8,9,10月の間で自分の好きな日程を決められることから、帰省のみならず旅行等も閑散期に行けることが可能でリフレッシュ出来ることに繋がると思います。


新卒入社1年目 Cさん(24歳女性)

img07.jpg
現在の仕事内容は
東京サービシングセンターの管理担当者として、電話でお客様と債務の解決に向けた話し合いをしています。コンサルティング業務に近い仕事だと感じていま す。お客様は何かのご事情があり、長年債務の返済が出来ていない方ばかりです。そういう方へ請求をするということに対し、初めのうちは抵抗感もあるかもし れません。しかし殆どのお客様は、債務をなんとかして解決したいと悩まれていらっしゃいます。その方を手助けするべく、現在の生活状況などを伺った上で、 一人ひとりに合わせた最適な返済方法をお客様と一緒に考えています。

入社を決意した決め手

私は、誰かの役に立つ仕事がしたいという思いを持って就職活動をしていました。当社を紹介され面接を受けている時点では、この業界の存在をはじめ、何から 何まで知らないことだらけでした。しかし業界について勉強していく中で、日本経済の滞りを解消する仕事であるということを知りました。業界知名度は低いで すが、日本の経済の潤滑油になっているという、「縁の下の力持ち」であるこの業界に魅力を感じ、入社を決めました。金融の知識にプラスして法律の知識も必 要であるということで、私に務まるのかと不安もありましたが、自己の成長に繋がると思えたことも大きな入社の決め手となりました。
どんなところに仕事のやりがいを感じますか?
どんなところに仕事のやりがいを感じますか?
「ありがとう」と言われる瞬間です。債務の返済というのはお客さまにとってとても大変なことです。長年債務に困っていた方の返済の相談に乗り、無事に完済された際、感謝を伝えられる瞬間にやりがいを感じます。
入社後、一番印象的だったできごとは何ですか?
入社後、一番印象的だったできごとは何ですか?
個性的で、気さくな方々がたくさんいることです。入社前は、厳しい人が多いのかと想像していましたが、一歩仕事を離れるととてもフレンドリーな方々である ことに驚きました。懇親会も比較的多く、異なる部署の方や、本社の方とご一緒できる機会もあります。現場の先輩方も、時に優しく、時に厳しく、とにかく親 身になって仕事を教えていただけるので、落ち込むことがあっても頑張ろうと思える原動力になっています。
仕事において、普段心がけていることはありますか。
お客様との信頼関係を築く為、常にお客様と対等な目線で話をすることです。基本的にお客様との接点は電話のみなのですが、顔が見えない相手と話すことは 思った以上に難しいです。その状況でお客様の生活状態などを伺い、生活に直接影響を及ぼす「お金」に関して話すということは、かなりの信頼関係が必要であると考えています。相手の気持ちに寄り添って話をしながらも言うべき部分はきちんと伝えることで、信頼関係を築けるようお客様と接しています。バランスの 取り方がとても難しく、まだまだ修行中ですが、お客様に信頼される管理担当者になる為、先輩方のマネをしつつ日々試行錯誤しています。
休日・長期休暇の過ごし方を教えてください。
旅行をよくします。学生の頃から様々なところに行きましたが、今年度は国内をメインに旅行しました。次の休暇には久しぶりに海外旅行に行こうと、計画しています。


CさんのBS担当者 Dさん
キャリア入社4年目 31歳女性

img08.jpg
現在の仕事内容・BSの役割は何ですか?

債権の管理回収業務を行っています。あまり馴染みのない仕事かもしれませんが、お支払のお済でないお客様への電話連絡やお手紙でのご案内業務です。
BSの役割とは、新人育成役目だけでなく自身の成長のためのスキルアップと感じています。

入社を決意した決め手

今まで自分の知らない世界を覗いてみたいという興味から入社を決めました。実際に入社をしてみると、今までかかわりのない世界だと思っていた会社が、私たちの生活に密着しているということを感じました。
どんなところに仕事のやりがいを感じますか?
リースやクレジットカードなど様々な金融商品を扱う為、仕事を通し金融関係の幅広い知識を身につけることができ、自身の交渉によってお客様の抱える問題を解決に導くことができることです。
入社後、一番印象的だったできごとは何ですか?
無事債務を解決したお客様から、感謝の言葉をもらえたことです。
後輩の指導において、普段心がけていることはありますか。
指示を出す際には、その目的を示すようにしています。後輩に納得してもらえるよう、更なる知識の向上を目指し日々努力していくことを心がけています。
休日・長期休暇の過ごし方を教えてください。
旅行に行くことです。夏と冬は長期休暇をとることができるので、海外旅行に出ています。毎年新しい土地へ旅行に出ることが楽しみです。